最短で行う相続手続き | 遺言があった場合の相続税

HOME » 遺言のあったときの相続税 » 最短で行う相続手続き

最短で行う相続手続き

・スピーディーに手続きを行うにはどうするべきか
相続手続きはとても面倒ですし、身内が亡くなっているので、いつもように平常な状態でいられるとも限りません。
それでも行わなければいけないのが相続手続きなのですが、できる限りスピーディーに行うのがよいでしょう。

できれば最短で行うべきなのですが、最短とまでは行かなくても、どうすればスピーディーに行うことができるのでしょうか。
それには信頼できて知識が豊富な専門家に依頼することが重要です。

そうすることで最短での相続手続きができるようになるだけではなく、税制面に関する相談も行うことができるでしょう。
日本は税金大国なので、少しでも負担を減らすためにはどうすればよいのかなども聞いておくことをおすすめします。

ここで重要なのは、どのようなところに相談するべきなのかというと、やはり相談料は無料になっている方が安心です。
そうすれば初期の段階で相談することができるので、その分スピーディーに相続手続きを終わらせることができるでしょう。

無料相談を行う場合には、通常予約が必要になります。
また、相談に関しては常に無料になっていることもあれば、初回に限って無料になっている場合、時間制限が設けられている場合などもあるので、事前によく確認をしておきましょう。

・誰に相談すればよいのか
専門家とは言っても、弁護士や税理士、司法書士などたくさん存在しています。
相続手続きを最短で完了させるためには、どの専門家がよいのか悩む人も多いでしょうが、ベストなのは司法書士でしょう。

なぜなら料金も安くて、ある程度多くの手続きが可能だからです。
ただし、司法書士なら遺産相続のときに何が起こっても安心というわけではありません。

例えば相続税の支払いが発生し、少しでも税金を安くしたい場合などは税理士に依頼するのがベストになります。
また、相続争いが発生し、期間内に手続きができなくなりそうな場合や、争いが泥沼化してしまった場合などは、司法書士では対応できる範囲が決められているので、弁護士に相談するのが無難です。

このように状況に応じて適切な専門家は変わってくるのですが、何度も依頼をしていると、かなり多額のお金が必要になります。
そうならないためには、自分自身で相続手続きをスムーズに行えるように努力する必要もあるでしょう。

そうすれば司法書士や税理士だけに依頼をしても、スムーズに手続きを行うことが可能です。
専門外のところだけは教えてもらい、自分で行うようになる項目もあるので、このような点も教えてもらいましょう。