遺言で他人である愛人に全財産を相続させると書いてあった場合は? | 遺言があった場合の相続税

HOME » 遺言のあったときの相続税 » 遺言で他人である愛人に全財産を相続させると書いてあった場合は?

遺言で他人である愛人に全財産を相続させると書いてあった場合は?

親が亡くなり遺言を見つけ、内容を確認してみると「他人である愛人に全財産を相続する」と書かれていた場合どうすればいいのでしょうか。
遺言は亡くなった人の意思が書かれていて効力も高いのですが、配偶者や子供に一切財産を相続させないということは出来ません。
それがなぜかをご紹介していきます。

・遺言で他人に全財産を相続すると書かれている場合は?
財産を相続する場合、最低限の財産を相続することが出来る遺留分という制度があります。
遺留分は遺言に相続人の名前がなかったとしても、分割協議によって最低限の財産を相続することが出来ます。
この場合だと、他人である愛人に全財産を相続すると書かれているのですが、遺留分の計算方法によって総財産からどれだけの財産を相続できるかを計算し、割り出された金額が遺留分として相続されます。

・実際にどのくらいの遺留分がもらえるの?
亡くなった人の直系尊属以外が相続人となってしまった場合、1/2の財産を相続することが出来ます。
仮に、総財産が1億円あったとする場合は、他人である愛人に対して5,000万円、配偶者が5,000万円の相続をするということになります。
遺留分では家族である配偶者や子供にあたる人は、財産をもらう権利があると言われているので、遺言に自分の名前がなかったとしても遺留分で財産の相続が出来ますよ。
遺留分を請求するときは他人である愛人に請求をすることになり、裁判などで請求を行う必要はなく口頭で遺留分を請求するだけで効力があります。
中には遺留分を渡さない人もいるのですが、遺留分がもらえない場合は遺留分減殺請求書を送り遺留分を確実にもらえるようにしましょう。

他人に財産を渡したくないという人もいるとは思いますが、遺言に法定相続人以外の名前が書かれていたとしても財産を相続させなければなりません。
遺言が見つかっても他人である愛人に、自分の財産全てを相続させるというケースは少ないです。
しかし、こういったケースがないわけではないので、遺留分の知識を付けて財産の相続ができるようにしましょう。