【遺言と相続税について】公正証書遺言って何? | 遺言があった場合の相続税

HOME » 遺言のあったときの相続税 » 【遺言と相続税について】公正証書遺言って何?

【遺言と相続税について】公正証書遺言って何?

親が亡くなり遺言が出てきた場合はどうすればいいのでしょうか。
遺言には3つの種類があり、一般的に活用されるのは自筆証書遺言・公正証書遺言です。
自筆証書遺言が見つかった場合は検認手続を行わないと相続の手続が出来ないのですが、公正証書遺言であれば検認手続を行う必要はありません。
検認手続がいらない理由についてご紹介していきます。

・自筆証書遺言は家庭裁判所で検認手続を行う
自筆証書遺言は自分の自筆で書くことができるため、この種類で遺言を残す人も多いと言われています。
自筆証書遺言の場合は、家庭裁判所で検認手続きを行わないと相続手続きを行うことが出来ません。
しかし、公正証書遺言が残されている場合は、家庭裁判所にもっていって検認手続を行う必要はありません。
また、公正証書遺言であれば、いざというときに財産をすぐに分けることが出来るのが特徴です。

・遺言が公正証書で書れていた場合
自筆証書遺言の場合は文章の偽装をたとしても、コピーを誰かが持っている可能性はありません。
しかし、自筆証書遺言は勝手に開けてはならず、文章を偽装したり開封がバレると罰則を受ける可能性があります。
公正証書遺言で遺言が書かれている場合は、原本が公正役場で保管されているためコピーをしてもすぐにバレてしまいます。
被相続人のもとから見つかった公正証書遺言はコピーなので、勝手に偽装したとしても内容が変更されることはありません。
公正証書遺言を用意する被相続人は偽装を防ぐためや、隠しておきたい財産相続などについて書き残していることが多いので、内容をよくチェックし法定相続人以外の人に財産を相続させると書いてないかを確認しましょう。

このように遺言の種類によって開封の仕方などは異なります。
公正証書遺言の場合は家庭裁判所にもっていかなくても、すぐに開けることが出来ます。
公正証書遺言で遺言が残されていた場合は誰にいくら相続させるかをチェックしたり、相続税がいくらになるかもチェックしておきましょう。