【遺言と相続税について】法定相続人以外の人って? | 遺言があった場合の相続税

HOME » 遺言のあったときの相続税 » 【遺言と相続税について】法定相続人以外の人って?

【遺言と相続税について】法定相続人以外の人って?

多くの人が財産の相続をしてもらうとき、法定相続人だけが財産を相続できると考えています。
しかし、実際に被相続人の財産相続をしてもらえる人というのは、法定相続人だけではありません。
法定相続人以外の人でも被相続人の意思があれば、財産を相続させることは可能です。
法定相続人以外の人が財産を相続できるケースはどんなときなのでしょうか。

・法定相続人以外の人って誰のこと?
基本的に法定相続人となるのは、被相続人の奥さんである配偶者とその子供であるとされています。
一方、法定相続人以外の人というのは、被相続人の兄弟や内縁の妻とその子供ということになります。
財産の相続に関しては被相続人の奥さんである配偶者や、子供のみに行うものが一般的です。
しかし、特例としては遺言が用意されている場合、その内容によっては法定相続人以外の人が被相続人の財産を相続できるとしています。

・法定相続人以外の人が財産を相続で着るときってどんなとき?
法定相続人となる被相続人の配偶者や子供にとって、法定相続人以外の人が財産を相続するなんて不愉快だという人もいるでしょう。
しかし、生前にお世話になった被相続人の兄弟や内縁の妻、子供などに財産を残したいと考え、遺言に明記されている場合は法定相続人以外にも財産を相続させなければなりません。
遺言の効力は強いので、配偶者や子供が不愉快に感じてしまっても、被相続人の意思として相続を行わなければならないとされています。

遺言が残っていたとしても分割がきちんとされていない、相続人全員が遺言に反対しているということであれば遺言を無効にできる場合もあります。
遺言を無効にする場合は専門家の意見も仰いで、分割協議や相続税の対策などについて聞いてみるのもいいと思います。
しかし、財産がたくさんあって配偶者と子供だけで相続をしてしまうと相続税が高くなってしまうと考えられるときは、遺言通り法定相続人以外の人に財産を相続させて一人一人の相続税を減らすのもおすすめですよ。